人気アニメをShareで公開していた男性を逮捕

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は5月7日、福岡県警サイバー犯罪対策課と中央署が4月26日、ファイル共有ソフト「Share」を通じてアニメーション作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、東京都北区の薬剤師男性(40歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕し、27日に福岡地検に送致したことを著作権侵害事件として発表した。

この男性は2011年8月11日、東映アニメーション株式会社が著作権を有するTVシリーズ用アニメーション映画「ハートキャッチプリキュア!」第49話およびTVシリーズ用アニメーション映画「ワンピース」第498話の動画ファイルを、「Share」を通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。
警察の調べによると、男性はアニメーション作品やわいせつ画像など約22,000ファイルをアップロードしていたという。

http://www.rbbtoday.com/article/2012/05/08/89089.html

Shareはともかくニコ動へのアップロードでさえ逮捕者が出ているのにまだやるのか……
どっかに自分だけは助かるみたいな気持ちがあるのかなぁ。
それと「うp乙!」とか「うpありがとう!」みたいなコメントも遠因の1つなのかもしれないね。

関連記事:

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。